読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「果てしなき闇の中で」 EP.6 -因業- オープニング・エンディング

No.21 「果てしなき闇の中で」

~果てしなき闇の中で~

EP6 ―因業― 

オープニング


自らの目的を果たすために
死者の魂を利用するネラヴァーロ…

その力は
死という安息を求めた者でさえ、
戦いの場へと引き戻す…。

かつて運命に翻弄された魂が
再びカイルスの前に現れる…


幽羅帝   「逃れえぬ地獄… 死してなお、私は…。
       それが罪なら… これが罰なら…
       全て…私の運命なのか…」

マサト   「幽羅帝…! 彼女までも
       ネラヴァーロの力で…!」
C.C.   「長としての使命と覚悟。大切な者を死なせた悲哀
       クレディオにその姿を利用されたか…幽羅帝」
マサト   「そうだ、彼女も綺麗な心を持っていた…
       僕の醜い心と違って…!」
美久    「マサト君…」
アレルヤ  「マサト…君は言っていたよね。
       自分の運命とどう向き合うか、答えを出すって…」
マサト   「…たとえ僕がまた業をひとつ
       背負う事になっても構わない。
       僕の手で幽羅帝を解放してみせる。
       ゼオライマーの新たな力と共に…!」 
     
     (続)

*****

エンディング


ハレルヤ  「テメエたの行為は偽善ですらねえ!
       どんな綺麗事で繕おうと結局は殺すんだろうが!」
アレルヤ  「それでも構わない!
       引き金を引くこの感情に一切の迷いなんてないんだ」
マサト   「幽羅帝…もうひとりの僕…。    
       君の所にいずれ僕も行く…。
       だから今は先に行って待っていてくれ…!
       彼女を冥府へと還すんだ、ゼオライマァァァッ!」

        (フラッシュ) 

幽羅帝   「耐爬…私の…私の側に…」

        (消滅)


ゼロ    「幽羅帝…彼女は…」
美久    「彼女は苦しんでいた。八卦衆のクローンを創ったことを
       そしてその創った命すら、犠牲にし立っていた事を」
アレルヤ  「だけどネラヴァーロ…。奴はその罪の意識すらない。
       人を蘇らせて、その運命をもう一度辿らせるなんて…!」
マサキ   「幽羅帝は蘇ってしまう…。ネラヴァーロを倒さない限り。 
       彼女を救うには、アイツを倒すしかない…!」

 
        (エピクリア)