読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「飛翔!果てしなき未来の為に!」 7. 取り戻した魂!復活の戦士達! EP1. 闇を払え!今、拳を合わせる時! 8.撃滅!因果を超えた戦い!

~エピソード7 取り戻した魂!復活の戦士達!~

 

ネラヴァーロによって
記憶を書き換えられ
カイルスと敵対させられていた
かつての仲間達。

彼らはマスター・アジアと出会い
そして彼の口からネラヴァーロの存在を知った。

真相を知った彼らは
マスター・アジアに協力し、
ゼオライマーを探す旅を
続けていたのだった…

 

    (バードス島)

 

加藤      「しかし…いったい何故…
         あなたはゼオライマーが鍵だと…?」
マスター・アジア「奴らを倒してから、全てを話そう!
         バリアが消えたのだ!今が好機よ!」

Dr・ヘル(前)  「おのれ…! まさかこのような手で…」

リヒテル    「記憶を奪われていたとはいえ、
         我らはお前達と剣を交えた…」
ハイネル    「それを許せとは言わぬ…。だが…」

健一      「言わないでくれ、兄さん!
         また共に戦えるのなら、こんなに嬉しい事はない!」
ハイネル    「健一…。まだ余を兄と…!」
一矢      「もう一度、力を合わせよう!リヒテル!」
リヒテル    「竜崎一矢!」
バーン     「もはやこの魂は惑わされはせん!」
ショウ     「ああ、ならば当てにさせてもらうぞ、バーン!」

マスター・アジア「さあ、時は来た! いざ全軍進めぇぇぇいッ!」

 

         (ボス戦)

 

加藤      「沢渡…お前は…」
沢渡      「今だけだ。まだ答えを決めたわけじゃない。
         だから、見せてもらうぞ。てめえらの正義をな」
浩一      「今はそれで充分だ!
         必ず見せてやるよ!想像が導く答えをな!」
沢渡      「…フン」
浩一      「さあ、この世界の戦いはこれで終わらせてやる!
         そしてネラヴァーロを必ずぶっ潰す…!」

 

          (エピクリア)

 

 

~エピソードEX1 闇を払え!今、拳を合わせる時!~

 

ショウ     「俺にオーラを合わせろ!」
バーン     「おおっ!」
マスター・アジア「ふ、大した腕ではないか!
         出会った頃とはまるで別人のようだな!」
バーン     「敵の力に惑わされていたとはいえ、
         貴公には世話になった。
         恩に着る…」
マスター・アジア「フ、礼ならばその剣で応えて見せよ、黒騎士よ!
         いや、黒騎士ではないな。
         改めて貴様の名を呼ぼう。
         我が拳に応えよ!バーン・バニングスよ!」
バーン     「おおおおッ!」

           
          (エピクリア) 

 

 

~エピソード8 撃滅!因果を超えた戦い!~

 

カイルスの活躍によって、

バードス島は陥落した…。

 

だが…。

 

 

    (バードス島)

 

甲児(真)      「バードス島が沈む…」

甲児(無印)     「だが、これで終わりじゃない!」

 

Dr.ヘル(前)    「その通りだ、兜甲児! そしてカイルスよ!」

Dr.ヘル(斜)    「やはり我らの戦いは自らの手で決着を付けるしかないようだ」

 

     (巨大なロボットが2体、現れる)

 

Dr.ヘル(前)    「この地獄王、ゴードンの手でなぁっ... !」

 

 

譲れぬモノを懸けて

死闘を繰り広げる、カイルスとDr.ヘル軍団…。

 

両者の戦いが熾烈を極めていく中、

その行く末を見守る者達がいた…。

 

  (所在不明の暗闇)

 

???(軍服の青年)     「始まったようだな」

???(顎に髭のある年配の男)「あとはヤツが僕らの考えている通りに動く事…

               その事象さえ揃えば、チャンスは訪れる」 

???(軍服の青年)     「いささか、危険な賭けになるだろうがな」

???(長い青髪の女性    「それでも乗り越えられます。彼らならば」

???(顎に髭のある年配の男)「そう願いたいものです。

               しかし、本当にいいんですね?」

???(長い青髪の女性)   「はい、この時を逃せばもう機会はありません。

               その為ならば、私は…」

???(顎に髭のある年配の男)「そうですか…。

               ならば、行きましょう。人類の未来の為に…」

 

         (タイトル)

 

カイルスらの奮闘によって、

バードス島は陥落した。

だが、その瓦礫の中より立ち上がる

2体のゴードン…。

 

幾度となくカイルスを苦しめた脅威が、

再び彼らを襲う…。

 

         (バードス島)

 

さやか    「地獄王ゴードン…!」

ジュドー   「とうとうアイツらも 切り札を出したってわけね」

剣児     「上等だ! 何度でも地獄に送り返してやるぜ!」

竜馬(真)   「いや、今度ばかりはそう簡単にはいかない…」

剣児     「は? 何言ってんだよ!」

鏡      「忘れたのか? 今の奴らは大量の光子力を手にしている

        その力であのゴードンを強化しているとすれば…」

 

Dr.ヘル(斜) 「フ、さすがに察しがいいな。

        このゴードンは貴様の記憶の中のゴードンと同じではない」

あしゅら(前) 「我が体から、神の如き力が溢れてくるのを感じる」

Dr.ヘル(前) 「いや、もはや我らの前では神でさえ、無力な存在となった。」

あしゅら(前) 「………」

 

沙羅     「神とはまた随分と大きく出たもんだよ…!」

Dr.ヘル(斜) 「それを名乗るだけの力があるという事だ!」

Dr.ヘル(前)「もはや、くだらん小細工は無しだ。

       圧倒的な力で貴様達を打ち砕いてくれるわ!」

 

      (ボス戦)

 

美久     「きゃあああぁぁぁー!」

マサト    「だ、大丈夫か…!美久…!」

ドモン    「お前達は満足に戦える状態じゃない!

        無理せず下がるんだ!」

 美久     「だ、大丈夫…。まだやれます…!」

マサト    「クッ…なんていう強さなんだ、ゴードンっ…!」

 

あしゅら(前)  「あのカイルスとてこの有様!素晴らしい力だ、光子力!」

 

甲児(真)    「黙れ…!」

         それは俺達人類の為に命を懸けたゼウスの力…」

甲児(無印)   「それをお前達の悪事なんかに利用されてたまるものか!」

 

Drヘル(斜)  「フ。吠えるだけなら犬でもできるわぁっ!」

 

甲児(無印)   「ぐわあああぁぁぁーっ…!」

 シンジ     「甲児さん…!」

 

Dr.ヘル(斜)  「力無き者は何も得ることは出来ん!

        故に我々は力を求め続けた!」

Dr.ヘル(前)  「そしていつか、全次元を我が手にするのだ! 

         その為に貴様達の力も貰うぞ、カイルスよ!」

Drヘル(斜)  「全次元にある、あらゆるモノを手にするために…!」

 

           (エピクリア)