読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「飛翔!果てしなき未来の為に!」1.宿敵!敵はDr.ヘル! 2.進撃!託された想いと共に!

No.20 「飛翔!果てしなき未来の為に!」

~エピソード1 宿敵!敵はDr.ヘル!~

  

(最初の二行、ボタン不具合で欠け。前記事の告知文にあらすじあり)

 

その戦いの中で、外の世界の

仲間たちと合流する事に成功するも、

彼らは再びこの世界に囚われてしまう。

 

そんな彼らの前に、

死んだと思われていた錦織つばさが

現れる…。

 

そして、彼女はカイルスに

この世界からの脱出方法を

告げるのだった。

 

  

  (ミーティングルーム)

 

由木    「次元連結システムを使って、この世界を脱出しろと…?」

つばさ   「ま、簡単に言えばそういう事だね」

ラクシャータ「並行世界さえ跳び越えるあの力ならそれも可能かも。

       でも問題は…」

ゼロ    「肝心のゼオライマーが奴らに奪われているという事か…」

シンジ   「Dr.ヘル…」

竜馬(真)   「最後まで面倒なことをしてくれるぜ」

アレルヤ  「マサトと美久は…?」

つばさ   「そのふたりの行方は、分からないよ。

       何せ、ゼオライマーの在処もやっと分かった処だからね。」

アレルヤ  「そうですか…」

森次    「ふたりも心配だが、今は機体を取り返すのが先決か」

ジョニー  「あんなモノを奴らに使われたらたまりませんからね…」

つばさ   「ああ、だが気をつけなよ。

       この世界を抜け出す為に奴らは相当な力を蓄えてる。

       恐らくこれまでより更に厳しい戦いになるはずさ。」

甲児(真)   「分かっている、母さん。

       だが、それでも俺達は負けないさ」

甲児(無印) 「ああ、この世界を出て ネラヴァーロを倒す為にも!」  

  

   (EP1 タイトル)

  

錦織つばさによって

この世界を脱出する鍵がゼオライマー

次元連結システムにある事を知った

カイルス。

 

彼らはDr.ヘルの手から

それを取り返すために

バードス島を目指す…。

 

だが、その行く手には

おびただしい数の機械獣軍団が

待ち受ける…。

  

   (バードス島)

 

コウ   「何ていう数の機械獣がいるんだ…!」

 

ピグマン 「当然だ! 我らはこの日の為に力を蓄えてきたのだからな!

      Dr.ヘルの元に辿り着く前にここで死ね!」

 

隼人(真)  「フ、言ってくれるぜ!」

弁慶(真)  「この程度で俺達を止められると思うなよ!」

シーラ  「各機は突破口を拓く事に専念せよ!」

ジェフリー「周囲の敵は連邦の部隊が抑えてくれる!

      我々は彼らの誇りを信じ、正面の部隊に集中せよ!」

ケーン  「この世界じゃ俺達も 軍の一員として戦ってきた。

      だから、みんなの期待に応えてやらねえとな!」

リョーコ 「いくぜ、てめえら! 残弾なんか気にすんな!

      派手にやっちまえっ!!」

 

     (エピクリア)

 

 

   ~エピソード2 進撃!託された想いと共に!~

 

 (注※ Dr.ヘルが2人います。出自がどちらの世界かわかりませんので、アイコンの向き、正面向きを(前)、斜め上向きを(斜)と表記します。)

 

     (バードス島)

 

Dr.ヘル(前)  「フ、いよいよ奴らが来るな。」

ブロッケン   「どうやらピグマンはしくじったようですな」

Dr.ヘル(前)  「元よりあの程度の戦力で倒せるとは思ってはおらん。

         この世界の軍隊を抑えておけばそれでよい」

Dr.ヘル(斜)  「せっかくの戦い。邪魔が入られては台無しよ。

         さあ、盛大に出迎えてやるとしようか。

         長きに渡る我らの宿敵をな…」

ブロッケン   「ハッ! かしこまりました、Dr.ヘル!」

Dr.ヘル(前)  「フフフ…見ておれ、カイルスよ…。

         この世界を抜け出すのも、奴を倒すのも貴様達ではない」 

Dr.ヘル(斜)  「この我らDr.ヘルが、全てを掴み取るのだ!

         フハハハハハハハハ!」

 

      (EP2 タイトル)

 

この世界に生きる人々の助けによって

バードス島へと辿り着いたカイルス。

2人のDr.ヘルが直々に率いる

機械獣軍団と対峙する。

 

果たして生き残るのはどちらか。

両者の運命を決する時が来た…

 

      (バードス島)

   

Dr.ヘル(前)   「フフフフ…。待っていたぞ、カイルス。」

  

甲児(真)     「Dr.ヘル!」

 

Dr.ヘル(斜)   「世界の行く末を決める、この戦い…。

          我らと貴様らでやらねば始まるまい!」

 

鉄也       「フン、よく言いやがる」

甲児(無印)    「こっちはお前達の顔はいい加減に見飽きたぜ!」

 

Dr.ヘル(斜)   「確かに貴様達との闘い…。

          因縁と呼ぶには、長すぎるものであった。」

Dr.ヘル(前)   「我々は幾度も貴様達に挑み、そして敗れてきた。

          だが、それも 今日で終わりよッ!」

 

ボス       「何を…!?」

 

Dr.ヘル(前)   「全ての理が乱れた、この世界なら…

          貴様達が勝つという道理もない!」

Dr.ヘル(斜)   「この長き因縁にも、そろそろ終止符を打つ時よ!

          貴様達の敗北という形でな!」

 

シモン      「チッ、なかなかに手こずらせやがる…!」

宇宙太      「いつもの機械獣とは強さがまるで違うぜ!」

銀河       「俺達との戦いに備えて、機械獣を強化したのか!」

万丈       「いや、それだけじゃない…。」

          恐らくこの機械獣を操っているのは…!!」

 

ケドラ      「キシャアアアアァァァ!」

 

由木       「ケドラですって…!?」

つばさ      「馬鹿なっ…! あれを制御できる訳が…」

 

Dr.ヘル(前)   「制御したのではない。あれはケドラの意志」

 

シン       「…どういう事だ?」

 

Dr.ヘル(前)   「貴様達との決着を望む者は我々だけではないという事だ。

          のう…? そうだろう、あしゅらよ」

あしゅら(前)    「…その通りだ」

 

甲児(真)      「あしゅら!」

 

あしゅら(前)    「カイルスよ…! 

           ミケーネの神々の恨み、ここで晴らさせてもらうぞ!」

 

          (エピクリア)