読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「絶望と覇道の行く末」11.想いが起こした奇跡 オープニング/エンディング

No.18 「絶望と覇道の行く末」

(オープニング)

 

一行を襲うロストバレルの猛攻。

それを止める為にラインバレルが

立ち上がる。

 

両者の持つ転送フィールドの衝突。

それは浩一が消失する危機を

孕んでいた…。

 

宋美   「転送フィールド…!」

タップ  「す、すごいエネルギーのぶつかり合いだぜ…!」

リツコ  「これでは周囲の空間さえ崩壊しかねない…!」

緒川   「それよりも…!

      このまま転送フィールドがぶつかり続ければ…!」

レイチェル「パラドックスが起きて、今度こそ本当に浩一は…」

城崎   「そんな…!」

 

沢渡   「分かってんのか、二本角。こいつがぶつかれば…!」

 

浩一   「そんなコト関係あるかよ! 

      お前を止めるにはコレしかないんだ!

      だったら、俺に躊躇いなんかないッ!」

 

沢渡   「テメエッ…! 死ぬ気か!」

 

浩一   「死ぬ気なんかあるモノかよ!

      生き残って救うんだ!この世界も、お前も…!」

 

沢渡   「!? 俺も…だと…!?」

 

浩一   「うおおおぉぉぉぉー!」

 

      (消滅)

 

ミリアリア「両機の転移を確認…。消息…不明です…」

城崎   「そんな…浩一君…」

アルト  「あきらめるな、城崎!」

城崎   「早乙女さん…!」

アルト  「早瀬がどこに飛ばされようと戻ってこれる道を作る!

      城崎、お前の想いであいつを繋ぎ止めろ!」

城崎   「私の…想いで…?」

オズマ  「インベーダーから女を助けた奴がいただろう

      そいつと同じ事をすればいいんだ」

城崎   「! はい…!」

刹那   「なら、ダブルオーライザーの力も使え。

      この機体なら、お前達の力になる事ができる!」

アルト  「刹那…!?」

刹那   「今の俺には奴の記憶はない。

      だが、助けたいという想いは、確かにある!」

アルト  「了解だ! なら、やるぞ! 

      俺達の手で…!」

 

ドレイク 「フ、だがそのような隙があるとでも…!」

 

カレン  「なければ作るだけだよ!」

シンジ  「早瀬さんを救う邪魔は…絶対にさせない!」

 

     (続)

 

(エンディング)

 

アムロ  「今だ、やれ! 刹那、アルトッ!」

アルト  「うおおおぉぉぉぉ!」

刹那   「トランザムバースト!」

 

     (異空間)

 

沢渡   「何だ…これは…? 何が起きていやがる…!」

 

浩一   「俺達の意識が繋がったのか…?」

 

城崎   「でも… 私達の意識だけじゃない」

カレン  「これは、中と外…ふたつの世界に住む人達の意識…?」

健一   「何で、こんなにたくさんの人の意識が…」

レイチェル「たぶんフォールドウェーブとGN粒子の力が…

      転送フィールドによって拡散されたせいで…」

ジュドー 「世界中のほとんどの人の意識が繋がったのか」

アキト  「これがみんなの意識…」

洸    「みんな、助けを求めている」

一矢   「ああ…。 みんなが俺たちを呼んでいる…」

健一   「でも、それだけじゃない。これは…?」

カミーユ 「どうして忘れていたんだ。この名前を…」

アムロ  「そうだ…。これが俺達の本当の名前

      カイルス…!」

 

     (続)