読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「絶望と覇道の行く末」9.誰が為に剣を振るう オープニング/エンディング

No.18 「絶望と覇道の行く末」

 (オープニング)

 

かつて彼らに敗れ、

志半ばに散ったふたりの王…。

仮初めの命を得て甦った彼らは、

再び自らの覇道を歩む。

 

それこそが己の運命だと信じて…。

 

ガラン  「我らは答えを出した。

      わが身の運命を受け入れ、ただ進み続けると」

ドレイク 「たとえ、我が足元にどれ程の血が流れようとも…

      我らはそれを踏み越えていく覚悟がある」

 

洸    「何が覚悟だ!

      そんなものはお前達の傲慢に過ぎない!」

 

沢渡   「よく言うぜ…!テメエらも同じだろうが!」

 

シーブック「同じ…!?」

 

沢渡   「人間の行動は自己満足だ。人を助けるのも、殺すのも…

      満たされるって意味で変わりねェ」

 

ショウ  「違う、俺達は…!」

ドレイク 「自らの行いに正義を持てぬ者に勝利はない!

      我が覇道の前に朽ちるがよい」

 

     (続)

 

(エンディング)

 

ケーン  「くっ…!なんで歯が立たないんだよ…!

     一度は倒した相手なんだぞ…!」

 

ドレイク 「この世界とかつての世界。我らにはふたつの記憶がある。

      貴様達の戦い方など、熟知しているという事だ」

 

ゼロ   「だからといって…これ程までに力を得られるものなのか」

 

ガラン  「ここで死ぬ事もまた、貴様らの運命であったのだろう。

      その運命、大人しく受け入れるがよい」

 

ヒカル  「きゃあああぁぁぁー!」

リョーコ 「くそ、無茶苦茶だぜ、アイツらよ…!」

 

沢渡   「無様な姿だな。

      テメエらみてェなヤツが、正義を名乗ってたとはよ」

 

加藤   「沢渡…」

 

沢渡   「本当にイライラするぜ!

      もう終わりにしてやる!こいつの全力でな!」

 

アムロ  「なんだ…! 何をするつもりなんだ…?」

加藤   「あれは…まさか…! オーバードライブだとッ!」

 

沢渡   「そう、この機体に隠された 本当の力ってヤツだ。

      さあ、ヤツらを粉々にしろ。ロストバレル」

 

     (続)