読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「絶望と覇道の行く末」8.使命と想念の狭間 オープニング/エンディング

No.18 「絶望と覇道の行く末」

(オープニング)

 

たとえ仮初めの命であろうと

見捨てる事はできないと、

人々を見守る為に戦う覚悟を決める一行。

 

しかし、その想いも虚しく

彼らは未だふたつの世界を救う手立てを

見つける事ができずにいた。

 

焦る一行の前に、

沢渡を引き入れたガランとドレイクが

再び現れる。

 

全ては一行との決着をつける為に…。

 

由木   「来たわね、ガラン、ドレイク!」

リュクス 「なんという数…彼らはまだあんな戦力を…。」

カワッセ 「どうやら全戦力を投じて来たようですな」

 

ガラン  「戦いの時は来た。

      生き残るべきはどちらか。それを決めるとしよう」

ドレイク 「全軍、その力をここで示せ。

      沢渡、貴公の力もアテにさせてもらうぞ」

沢渡   「俺はこの世界を抜け出す為に手を貸すだけだ。

      好きにやらせてもらう」

ドレイク 「己が満たす欲こそ 人を突き動かすもの。

      貴公の好きにするがよい」

沢渡   「そうかよ。

      ならぶっ潰してやるぜ! 何もかもなァ!」

 

エイサップ「たとえここが偽りの世界でも争いは見過ごせない」

浩一   「ふたつの世界を救う方法を見つけるまで守ってみせる」

城崎   「早瀬クン…」

 

沢渡   「チッ、相変わらずクソみてェなコトを…!」

ガラン  「ならばその言葉が真実か 戦いの中で見せてもらおう」

沢渡   「真実か、だと…?」

ガラン  「そう、奴らが欺瞞に満ちた偽善者か。

      はたまた真なる善の体現者か。その答えをな」

沢渡   「………」

     (続)

 

(エンディング)

 

コウ   「くっ…!なんて強さなんだ!」

海動   「ちっ、相変わらずしぶてぇ奴らだぜ!」

 

ガラン  「つまらん。その力、かつてのモノには遠く及ばん

      貴様らの迷いがその力を鈍らせておるのか」

 

浩一   「迷いなんか無い!

      俺達は決めたんだ。どっちの世界も救うってな!」

 

沢渡   「チッ…!」

ドレイク 「どちらの世界もか…。矛盾だな…。

      それでは勝てぬよ、ワシらにはな」

 

葵    「へぇ… ずいぶんな自信ね?」

 

ガラン  「フ、教えてやろう、貴様達の勝てぬ理由を…

      己が信念に殉じて戦う、真の強さというものをな!」

 

     (続)