読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「絶望と覇道の行く末」3.絶望の使者 オープニング/エンディング

No.18 「絶望と覇道の行く末」

(オープニング)

 

助けを求める人々の声…

 

だが、その声に

応える事ができずにいた…。

 

偽りの世界の平和と

元の世界の平和。

どちらを守るべきか迷う一行。

 

その彼らの前に、

再びロストバレルを駆って、

沢渡拓郎が現れる。

 

沢渡  「テメエらの正義は 偽善なんだよ。

     それでもテメエらはまだ 正義の味方を名乗るのか?」

 

浩一  「俺たちの正義が偽善だって…!?

     どういうコトなんだよ…!」

 

沢渡  「なあ… 

     テメエらは正義の本当の意味を 理解出来てんのか?」

 

シンジ 「正義の本当の意味…?」

森次  「…正義とは価値観だ」

 

沢渡  「フンッ…間違っちゃいねェが…

     それは無駄なモノを全部 そぎ落とした結果の本質だ

     ほとんどの人間が正義をそんな風に思っちゃいねェよ」

 

ヒイロ 「ならばお前の正義はなんだ」

 

沢渡  「…正義ってのは都合が良くて シンプルで解かり易いモンだ。

     正義ってのはなァ…

     テメエが許せねえモノに 対して生まれる感情だ!!」

 

健一  「許せないモノへの 感情だと…?」

 

沢渡  「ああ。そうだ…!

     テメエらみてェな欺瞞に満ちたヤツらに抱く感情だ!」

 

    (続)

 

(エンディング)

 

ドモン 「クッ…! 仕留めきれん…!」

 

沢渡  「こんなもんか、テメエらの力は。

     本当にくだらねぇ存在に成り下がりやがって…」

 

カミーユ「敵の数は決して多くないのに、何なんだ、あの強さ…」

 

沢渡  「もう少しマシなもんだったぜ

     テメエらがカイルスを 名乗ってた時はよ。

     それが記憶を失くした途端に この体たらくか…」

 

ゼロ  「お前の目的はなんだ、沢渡拓郎」

 

沢渡  「俺の目的だと…? 決まってる…。

     テメエらの嘘を 剥がしてやるコトだよ」

 

スザク 「僕らの嘘だと…?」

 

沢渡  「いくら綺麗事ばかり 並べようともよ…

     テメエらは何もするコトができねェんだよ」

 

アルト 「何が言いたいんだよ…!」

 

沢渡  「考えてたんだろう?

     元の世界に戻る為にアイツらを 犠牲にしていいのかってな」

 

男の子 「え…!?」

 

めぐみ 「! …それは!」

 

沢渡  「結局、テメエらも自分の 命を選択してんだよ。

     ヘドが出るんだよ…テメエらみてェな存在はよ…!」

 

 

    (続)