読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「絶望と覇道の行く末」2.Judgement オープニング/エンディング

No.18 「絶望と覇道の行く末」

(オープニング)

 

自らが仮初めの存在であると

知れ渡った事で、世界中の人々の間に

混乱が広まっていた。

 

そして、混乱が生じていたのは

一行もまた同じだった…。

 

チャム  「みんな、いつも通りの 戦いが出来ていないわよ!」

ショウ  「みんな迷っているんだ…!

      自分たちがこのまま 戦っていいのかどうかを…!」

エイサップ「このままじゃダメだって 頭では分かってても…!」

 

男の子  「うわああああぁぁ! たすけてえええぇぇ!」

 

洸    「! 取り残された市民がいる」

 

キバの輩 「オラァッ! さっさと金目のモンを出しな!」

キバの輩 「大人しくしてりゃあ、苦しませずに殺してやるぜ」

 

一矢   「くっ…! させるかああぁぁ!」

 

キバの輩 「! ぐあぁッ!?」

 

アムロ  「逃げ遅れた市民を守るんだ!」

ケーン  「まだ決心が ついたわけじゃないけど

      こんな外道な奴らを放っておけるか!」

 

      (続)

 

(エンディング)

 

刹那   「何とか敵を 倒しきれたな…」

アスラン 「ああ、街の人達も 守りきれたようだ…」

 

男の子  「ありがとう!」

 

豹馬   「ありがとう…か…」

剣児   「なんか… 釈然としねえな…」

 

男の子  「ねえ、みんなはこれからも 守ってくれるんだよね?」

男性   「今までみたいに、俺たちのこと守ってくれるんだよな…?」

 

ジュドー 「え…?」

 

女性   「だって、あなた達がいなくなったら

      私達は消えちゃうかもしれないのよね…?」

女の子  「そんな事しないよね…?」

 

シンジ  「それは…」

 

沢渡   「どうした、教えてやらねェのか?」

 

浩一   「! 沢渡…!」

 

沢渡   「答えられねェのか? そりゃそうだろうな…

      なんせそれがテメエらの 正義の限界なんだからな」

 

 (続)