読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

イベント「覚めゆく夢」1.2

イベント期間 2015.8/23~8/30

※8月以前のイベントストーリー内容に関しては、保存のある分のみの概要になります。ご了承下さい。

 

~「覚めゆく夢」1.2日目~

 

 

加藤機関らが新たな異星人を撃退した一方、

世界はわずかに、だが確かに

大きく動き始めようとしていた…。

 

真実と偽り。在るべきモノと在ってはならないモノ。

この世界が進むべき未来とは…。

 

 

 

(所属不明機がカイルス達のいる場所に接近中。緊張が走る。)

 

山下  「でも、これって嘘だろ…!?」

輝   「そんなに慌てちゃって、何が来ちゃったわけ?」

山下  「接近してる所属不明機は、ロストバレルっス!」

城崎  「…!?」

 

沢渡  「居やがったな。何も知らない偽善者共が。」

加藤  「沢渡…!」

沢渡  「よお… 久しぶりだな、久嵩」

 

 

ロストバレル。かつて加藤機関が秘匿していた

11体目にして最後のマキナ。

それは過去に元加藤機関 私設部隊四番隊隊長「沢渡 拓郎」の

裏切りによって持ち去られていた。

 

その最後のマキナと、ラスト・ファクターである沢渡が

姿を現した理由とは…。

 

 

 

カレン  「ロストバレル… あれが11体目のマキナ」

ユリアンヌ「こうしてアンタが出て来たってことは…

      沢渡…アンタがこの騒動の張本人なのかしら?」

沢渡   「つまんねえ女になったな、ユリアンヌ…」

ユリアンヌ「何ですって…!?」

沢渡   「いや、他の連中もだぜ。足りてねえんだよ…

      想像力がなッ…!!」

ゼロ   「全機、来るぞ…!」

加藤   「アレを我々の保有するマキナと同じと思うな。

      ラインバレルと同様に、ロストバレルは別格だ…」

沢渡   「想像するんだな、テメエらの絶望をよ…!」

 

     (ボス戦)

 

沢渡   「あの二本角はやはり、戻ってきてねえみたいだな」

森次   「二本角...  ラインバレル… 早瀬のコトか?」

城崎   「浩一クンはヒトマキナを率いる存在と戦って消えた

      だから帰ってくるまで、私達が正義の味方として…」

沢渡   「フン、正義の味方だと?誰がそんなコトを認めた?」

剣児   「んなのも知らねえのかよ、俺達は何度も世界を救って…」

沢渡   「この世界の連中に、正義の味方と祭り上げられた?

      そんなクソみたいな奴らを、信じてやがるとはな」

ちずる  「どういう意味よ!?」

沢渡   「すぐに証明されるぜ。テメエらが本当はどんな存在なのかがよぉ…」

 

ラム   「!…か、艦長!大変です…!」

ジェフリー「何かね…!?」

ラム   「連邦とブリタニアが、世界で共同声明を発表してます…!」

ジェフリー「…!全機に音声を回せ!」

 

 

     (モニターにシュナイゼルが映る)

 

 

シュナイゼル「全世界の皆さん。突然の宣言に驚かれているかと思いますが」

ゼロ    「シュナイゼル…!」

シュナイゼル「世界の真実は、皆さんを更に驚かせることになるでしょう。」

スザク   「世界の真実? 閣下は何を…」

 

沢渡    「………」

 

シュナイゼル「皆さん、どうか落ち着いて聞いて頂きたい。

       この世界も皆さんも、現実に存在するものではありません!」

 

アムロ   「なんだと…!?」

        

 

        (続)