読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

No.0 ■2015新章開幕予告

2015年1/1

      (プロローグ)

 

 

浩一   「結局、決着はつかなかったかァ…」

森次   「しかし、何故そこまで決着にこだわった?」

浩一   「そりゃあ、こだわりますよ。

      だって森次さんは、俺の壁だったんですから。」

森次   「私は壁だったのか?」

浩一   「ええ、だから俺はずっと思っていたんです。

      何時かアナタを超えたいって」

森次   「ふ、正義の味方にそう言われるとは光栄だな」

シンジ  (壁…か)

レイ   「碇君…」

シンジ  「どうしたの、綾波?」

レイ   「今度の食事会。碇司令も呼んだから」

シンジ  「!? 父さん…を…?」

矢島   (お、おい。大丈夫なのか?

      父親が来るなら 碇のヤツ、来ないんじゃ…)

アスカ  (知らないわよ! あいつが勝手に呼んだんだから!)

イズナ  (なにか…なにか フォローしないと…!)

シンジ  「うん…わかった。

      わざわざありがとう。綾波

山下   「えっ…!?」

浩一   「碇…」

シンジ  (僕も超えてみるんだ… 父さんとの壁を…。

      違う… 僕が作った、僕の壁を…)

レイ   (碇君にも、ポカポカして欲しい…。

      碇司令と仲良くなって、ポカポカして欲しい…)

シズナ  「なんちゅーか…これが、平和ちゅうヤツなんやな」

浩一   「この平和をずっと守っていきたいよな」

城崎   「大丈夫ですよ、『浩一クン』」

浩一   「え…? 城崎、今…」

城崎   「ふふ…」

     (そう… この世界には浩一クンが…。

      正義の味方がいるんですから!)

 

 

       (暗転)

    

     その日、世界は終わった・・・

 

       (廃墟)

 

 

デウスエクスマキナ「これは… 終わりではなく始まりだ」

 

        (フラッシュ)

 

浩一  「圧縮転送フィールドの衝突…!?」

石神  「マズイ! これでは対消滅がッ…!」

 

        (フラッシュ)

 

城崎  「浩一クゥゥゥゥゥン!」

 

 

        (暗転)

 

     突如、舞い降りた災厄・・・

 

 

       (燃える森林地帯)

 

武蔵   「ちっ…えらい数を揃えてきやがったな…」

竜馬(真)     「何、アイツらが来るまで持ち堪えてやるさ…!」

竜馬   「すまん…お前達を助けに行けなくなった…。

      2体の真ゲッターはこのまま封印するそうだ…」

  

          (暗転)

 

 

       それは一筋の希望もなく・・・

 

 

          (光子力研究所)

 

さやか 「お願い…! いかないで、甲児君!」

甲児  「ここで逃げ出すわけには いかないんだ」

甲児(真)  「俺達が…マジンガーZのパイロットである限り!」

 

           (暗転)

  

 

     私達のすべてを奪った・・・

 

 

 

          (宇宙空間)

 

 

マリュー  「そんな…、まるで歯が立たないなんて…!」

マイヨ   「地球のほぼすべての戦力が集まっているのだぞ…!」

アムロ   「各機は何としても戦線を維持しろ!

       ここを抜かれれば 地球は…敗北する!」

 

 

           (暗転)

 

 

 

     もう人類に・・・未来はない・・・

 

 

 

     スーパーロボット大戦 新章 開幕

 

    

           ( 終 )