読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボCC 2015新章ストーリー保管庫(真)

スパロボCC・2015年からの新章イベントストーリーの保管庫です。「開幕予告」と、8月の「絶望と覇道の行く末」以降のストーリー内容が置いてあります。過去作はサブタイのみ、だいたい入っております。

お知らせ

最終イベント 「鋼の魂を持つ者達」の更新は未定です。

最終的に、カイルス部隊が元の地球に無事戻れるまでのシナリオ部分です。

最後の最後までネラヴァーロが頑張ってました。

情報保存していた端末が修理で初期化されデータがどこかへいったので、

探し当ててからの更新となります。

申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

たくさんのアクセスありがとうございました。

携帯向けアプリゲームという性質から、サービス終了と同時にシナリオが消えてしまうのが惜しくてこのような場所を作りました。

プレイした方々の記憶の手助けになれば幸いです。

そしてスパロボCCの美麗なカード、システム、シナリオなど、運営してくださった方には、感謝を捧げます。

2015年の一年間を楽しませて頂き、ありがとうございました。

 

サービス終了について 10/19告知

2015/10/19 11:00 告知


2015年12月21日(月)をもちまして「スーパーロボット大戦Card Chronicle」はサービス終了となります。
公式サークルもこの日で終了です。

●10/19(月)19:00~10/26(月)22:59 最終エピソードの語られる、最後のストーリー展開イベント開催
●11/16(月)13:59 有料アイテム販売終了

29弾紹介イベントに若干日程の変更有

次イベ情報(ラストストーリー) 10/19~

2015年10/19(月)19:00~10/26(月)22:59

最後のエピソードが語られる、

イベント「鋼の魂を持つ者達」開催予定。

 

告知は☆付きGRダンガイオー

 

 

イベント「果てしなき闇の中で」 EP.18 悠久の記憶 オープニング・エンディング

~果てしなき闇の中で~

EP18 悠久の記憶

オープニング

 


自らの目的を果たす為に
カイルスを偽りの世界へ閉じ込め
死者の魂を弄んだクレディオ、
ネラヴァーロ…。

今、その存在との
最後の戦いが始まろうとしていた。

 

 

(狭間の空間)

 

 

ネラヴァーロ    「永イ時ダッタ…。今度コソ願イマス…。
           アナタ方が私ノ望ミヲ叶エル者デアル事ヲ…」

 

 

アルト   「お前の望みなんか知った事か!」

一矢    「俺たちは俺たちの愛する人の為に戦う!」

健一    「お前を倒し、世界を守る為に!」

加藤    「そして、託された未来を手に入れる為に!」

城崎    「今度こそ決着をつける!」

マスター・アジア  「行くぞ、皆の者!狙うはネラヴァーロの首!
           己が力の全てを出し切れ!」

 

      (続)


*****

エンディング

 


ネラヴァーロ     「以前、写シ身デ戦ッタ時トマルデ違ウ…。
            コレコソガ…」

 


ハイネル  「そうだ…! これこそが、貴様を倒す力だ!」

リヒテル  「貴様に利用された屈辱はここで晴らす!」

バーン   「受けてみよ、我らの魂の一撃を…!」

 

 

ネラヴァーロ     「ッ…!」

 

 

チャム   「やったの…!?」

ショウ   「まだだ…! だが、手応えはあった!」

 

 

ネラヴァーロ     「見事デス…かいるす…。
            無限ノ敵ヲ祓イ…
            アナタ方ノ刃ハ今、私ニ届イタ…」

 

 

ルナマリア 「クレディオや甦った人達が、 
       消えていく…。」

 

 

ネラヴァーロ     「モハヤ彼ラハ必要ナイ…。
            私ノ全テヲ出シ切リマショウ。
            全テハ我々ノ使命ヲ果タス為ニ。」

 

        (エピクリア)

イベント「果てしなき闇の中で」 EP.17 目覚める力 オープニング・エンディング

~果てしなき闇の中で~

EP17 目覚める力

オープニング

 

無数の敵を前に
遂にカイルスの力も限界を
迎えようとしていた…。


だが、彼らと出会い
成長を重ねてきた少年が、
彼らの為に立ち上がる。

 

(狭間の空間)

 


ネラヴァーロ    「マダ私ノ攻撃ヲ受ケ止メル
           チカラガ残ッテイルトハ…」

 


シンジ     「ぐっ…! うううぅぅぅ…
         守り切るんだ!
         僕を支えてくれた人達を…
         僕自身の居場所を…!」

レイ      「碇君っ…!」

浩一      「碇ッ…!」


シンジ     「うっ…やらせない…! 絶対に…!」

 


ネラヴァーロ     「デスガ…モウ…」

 


甲児(無印)   「無茶だ、シンジ!
         いくらお前でも… これを防ぎきるのは…!」

ゼウス     「いや、できる!!
         すでに神さえ超えた君達の力なら不可能な事などない!」

甲児(無印)   「ゼ、ゼウス…!」

ゼウス     「ここは我らの力で守り切る!
         だから、戦え! 
         そして勝て、人間達よぉぉ!」

 

ネラヴァーロ      「………」

 


シンジ     「うっ…うぅぅ…」

 

甲児(無印)   「…助かったぜ、ゼウス。シンジ…。」

浩一      「大した奴だよ、お前は…」

C.C.     「偽りの世界にいた時とは大違いだな…」

 

ネラヴァーロ      「アレヲ耐エキル…。ソウ、ソレデイイ」

 

甲児(無印)   「その余裕もここまでだ、ネラヴァーロ!」

浩一      「いくぞ、みんな! 反撃開始だ!」

    (続)


*****

エンディング

 


ホロルンゴ       「モットチカラヲ示セ…」

 

洸       「ぐうっ…もう…こんなもので俺達を止められると思うな!
         消えろぉぉぉぉッ!」


ホロルンゴ       「ウオオォォォ…」

 

       (フラッシュ/消滅)

 

ネラヴァーロ      「ソウ、絶望ノ中、心をチカラヲ魂ヲ
             研ギ澄マス事デ輝クモノ…。
             ソノ命ガ輝ク時ヲ待ッテイタ。
             サア、モットソノ光ヲ…」


竜馬      「ああ、たっぷりと拝ませてやるぜ!」

シン      「もうこんな奴らで俺達を止められると思うな!」

カレン     「あんな所に閉じ込めてくれたお礼をしてあげるわ!」

 

ネラヴァーロ       「イイデショウ…。
              モハヤ彼ラノチカラデハ計レナイ」

 


       (ネラヴァーロ出現)

 

 

ネラヴァーロ       「ナラバ、最後ノ仕上ゲハコノ私自身ノ手デ…」

 

         (エピクリア)

イベント「果てしなき闇の中で」 EP.16 磨かれた心 オープニング・エンディング

~果てしなき闇の中で~

EP16 磨かれた心

オープニング

 

自らの渇きを満たす者を求め
宇宙を渡り歩く生命体、クレディオ。

彼らは渇きを満たす存在を
生み出すためにカイルスを戦いに誘い
彼らを鍛え上げてきた…。

そして、ネラヴァーロもまた…。


(狭間の空間)

 

パランティーゴ   「我々ハ全テノ 渇キヲ満タス者ヲ求メタ
           悠久ノ時ノ中デ。
           アラユル宇宙…アラユル世界ヲ巡ッテ…」
ホロルンゴ     「ソシテ、オ前達ヲ見ツケタ…」
ネラヴァーロ    「デスガ、アナタ方ノチカラデハマダ足リナイ…。
           ダカラ、更ナル進化ヲ求メル」

 

アムロ    「俺たちの記憶を奪ったのも、その為だというのか?」

 

ネラヴァーロ    「ソウ…フタツノ世界ヲ巡ル フタツノ記憶…。
           ソレハアナタ方ノ心トチカラノ
           結ビツキヲ強固ナモノニスル
           ソシテアナタ方ハ私達ニ匹敵スル存在トナル…」


忍      「結局、テメエらはそれか!」
シンジ    「そんな事の為に…
        僕たちが積み上げてきた大事なモノを奪って…。    
        許せない…!」

 

パランティーゴ   「怒リ…ソノ心モマタ
           我ラノ目的ヲ達スルチカラトナル…」
ホロルンゴ     「満タセ…我ラノ渇キヲ…」

 

洸       「貴様らぁッ…!」

 

ネラヴァーロ    「戦イツヅケルノデス、かいるす。
           ココニハ癒ヤシヲ求メル者が
           無限ニ存在スルノデスカラ。」


        (続)


*****

エンディング   

 

パランティーゴ   「満タセ…我ラノ心ヲ…」
ホロルンゴ     「ソノチカラデ…我ラノ渇キヲ満タセ…」

 

アスラン    「ま、まだ増えるのか…」
銀河      「さ、さすがに数が多すぎるぜ…」 

 

ネラヴァーロ    「コレガアナタ方ノ限界ナノデスカ…。
           コノ程度デチカラ尽キテシマウナド
           弱キ存在デシカナイト…」

 

カミーユ    「勝手なことばかりを…!」
浩一      「誰が… 限界なんか…!」

 

ネラヴァーロ    「ココマデ来テオキナガラ…。
           アナタ方ノ刃ハ私ニ届ク事ハナカッタ…」

 

洸       「クッ…クソ…!」

 

ネラヴァーロ    「次ノ宇宙ヲ巡リマス…。
           戦エナイ者ニ用ハアリマセン。
           最後ハセメテ私自身ノ手デ…」

 

        (フラッシュ)

 

シンジ     「やらせない…!」

 

浩一      「い、碇!?」

シンジ     「みんなを…カイルスを…絶対にやらせはしない!」

 

        (エピクリア)

イベント「果てしなき闇の中で」 EP.15 さまよえる魂 オープニング・エンディング

~果てしなき闇の中で~

EP15 さまよえる魂

オープニング


次々に出現する敵を前にしながらも
屈することなく戦い続けるカイルス。

だが、彼らを襲う敵の勢いは
依然、衰える事はなかった…。

そしてネラヴァーロは
フルギーロの更なる姿を
解放させるのだった…。

 

(狭間の空間)


號   「いつまでも仲間の後ろにこそこそ隠れやがって!
     いい加減にテメエ自身がかかってきたらどうだ!」


ネラヴァーロ   「私ガ求メル者ハ、コノ程度ヲ意ニモ介サヌチカラヲ持つ者。
          ソノ高ミニ至レヌ存在ハ不要デス」


シン  「どうやらとことんやるしかないみたいだな!」
ヒイロ 「了解した…。
     ならば、目標を全て破壊する」


     (続)


*****

エンディング


健一  「くっ…さすがはフルギーロの強化体か…!」
ヒカル 「もう…! 弱いんじゃなかったの…!」
リョーコ「あれだけいたら、強さなんか関係ねえだろうが…!」

 

ネラヴァーロ    「アナタ方ハ超エナケレバナラナイ…。
           コンナ傀儡程度ハ…」


ロール 「傀儡…?」
万丈  「恐らくフルギーロも奴に記憶を消されたのだろう」

カレン 「どういう事ですか?」

ゼロ  「奴はクレディオの中でも特異な存在だった…」
スメラギ「他のクレディオは私達と戦う事が目的だった。
     自分の渇きを満たしたのなら
     その後はほかの世界に送る。」

ゼロ  「だが、奴は我々の持つ力そのものを狙っていた。
     それはつまり奴に戦わなければならない存在がいたという事」

城崎  「戦わなければいけない相手 まさか…!」

スメラギ「恐らく他のクレディオ達…
     もしくはそれを率いる者…」

 

ネラヴァーロ    「…ソノ通リデス。彼ハ自ラノ使命ヲ忘レ
           己ノチカラノミヲ追イ求メタ」

 

さやか 「クレディオの使命…?」

 

ネラヴァーロ    「ソウ…我ラノ使命ハヒトツ…」
パランティーゴ   「全テノ渇キヲ満タス事…。
           ソレコソガ我らに与エラレタ使命」


        (エピクリア)